愛知県犬山市の税理士法人ティータック
税務・節税・財務の事はもちろん、業務のお悩みもお気軽にご相談下さい。
税務リンク   更新履歴   サイトマップ    
 
 
ティータックの税務サービス
犬山の税理士法人ティータック
お客様の声
犬山の税理士豆知識
税のよくあるご質問
税務・財務のお問い合わせ
トップページに戻る
 
ティータックでは税務・節税・財務のご相談のみならず、業務のお悩みにも親身になって対応致しております。どうぞお気軽にご相談下さい。
 
税務や財務のお問い合わせ
 
 
税務豆知識
 
簿記ってナニ? vol.3
1234
 
仕訳のルールで大切な事がもうひとつあります。これが簿記を難しくさせていると思うくらい最初の難関です。そのルールとは「1つの取引を2つの面から見る」という事です。例えば、「商品を購入した」という取引は「仕入れという経費の発生」と「現金という資産の減少」という2つに分割して考えます。これを複式簿記のルールと言います。

例えば以下のようなケースがあります。

商品を現金で購入した
→ 仕入れという経費の発生(借方に仕訳)
→ 現金という資産の減少(貸方に仕訳)

備品を現金で購入した
→ 備品という資産の増加(借方に仕訳)
→ 現金という資産の減少(貸方に仕訳)

現金を預金に預け入れた
→ 預金という資産の増加(借方に仕訳)
→ 現金という資産の減少(貸方に仕訳)

商品を売り掛けで販売した
→ 売掛金という資産の増加(借方に仕訳)
→ 売上げという収益の発生(貸方に仕訳)

現金を銀行で借りた
→ 現金という資産の増加(借方に仕訳)
→ 借入金という負債の増加(貸方に仕訳)

このように、取引を必ず2つの面からとらえ、借方の金額と貸方の金額を一致させて仕訳を行います。

>> 資産とは
 
関連する豆知識
・ 簿記ってナニ? vol.1
・ 簿記ってナニ? vol.2
・ 簿記ってナニ? vol.4
>> 税務豆知識一覧に戻る
 
 
愛知県犬山市の税理士法人ティータック
 
〒484-0086愛知県犬山市松本町2-102 (地図
TEL:0568-63-0887 FAX:0568-63-0895
info@zaimu.co.jp
 
© Copyright by 税理士法人ティータック 2008- All Rights Reserved.