ティータックの税務サービス 会社紹介 お客様の声 税務豆知識 よくあるご質問 お問い合わせ `トップページに戻る
 
イマイのコラム
イマイのコラム
<< 前のコラム 次のコラム >>
5G通信について
2019/04/03
4月に入り新しい年度がスタートした日、次の元号が「令和」と発表されました。新聞などの報道によると元号は中国発祥で東アジアの国で広く使われてきたようですが、現在では日本しか利用していないとのこと…中国でもすでに利用されていないそうです。

天皇陛下の退任と紐付けられたのは明治以降のようですが、日本独自の「文化」のひとつとして悪いものではないと思います。ただ…実務的には西暦の方が便利ではあります。税務署への書類はすべて元号表記になりますので、ソフトウェアも対応が大変だと思います。

そのニュースとともに気になるニュースが一つ…韓国では4月5日より「5G通信」が始まるとのこと。アメリカでも4月11日よりスタートするようです。対応機種が限られているためいっぺんに変わるわけではないですが、いよいよIoTの世界が変わり本当に使いやすい便利な世界になって来るんだろうと思います。

技術的な話はわかりませんが、データ通信のスピードがとんでもなく速くなるそうです。田舎の一本道が高速道路になるようなものです。車に利用すれば、今まではカーナビの地図データをダウンロードするのに時間がかかっていたものがあっという間に終了するだけでなく、双方向のデータ通信によってリアルタイムに運行状況が把握できるようになるでしょう。

車載カメラやAI技術と組み合わせれば、自動運転も可能だと思います。街中に防犯カメラを設置して、クラウドへ画像データを保存するような利用の仕方もありだと思います。現在の光通信よりも速いモバイル通信がいたるところで利用できるようになると、目に見えないサービス向上が図れるのではないかとワクワクします。

さて、日本で5G通信が利用できるのはいつか…「2020年東京オリンピックまでには商用化する見通し」とのことですが、遅くないですか?。韓国やアメリカに遅れること1年…1年あれば端末等の種類が増え、不具合も解消されているかと思われますので利用しやすい環境にはなっていると思いますが、日本はどうして携帯電話やスマホの技術が遅れてしまったんでしょうか…。残念で仕方ありません。